「肝胆膵消化器病学」は横浜市立大学附属病院の消化器内科部門です

NTT東日本関東病院 研修内容の紹介(2016年度)

NTT東日本関東病院は五反田駅から徒歩7分とアクセスに恵まれた病院です。

病院の規模は600床となっており地域の中核病院の位置づけです。建物も比較的きれいで院内の雰囲気もよく初期研修医の人気病院としても知られています。病院の裏手には寮もあり2万円程度で都内の、しかも山手線内に居宅を構えられます。病院周囲には飲み屋、食事処も多く環境としては恵まれていると思います。

給料は寮費を考えると高くもなく安くもなくといったところでしょうか。土日は休みです。平日は遅い時間まで仕事に追われることもありますが、夜間の呼び出しはそこまで多くはありません。

消化器内科は科内で消化管グループ、肝臓グループ、胆膵グループにわかれてそれぞれ診療にあたっています。科全体でどこの医局ということはなく、基本的に病院独自採用のスタッフがメインです。2016年4月の段階での人数構成は部長と、消化管グループが10人、肝臓グループが2人、胆膵グループが2人の計15人となっています。その内、消化管グループの1人、肝臓グループの1人、胆膵グループの2人が当医局のスタッフです。

消化管グループはESDでは全国クラスであり当医局からも技術の習得のためにスタッフが来ています。2015年には胃のESDは258件、大腸のESDは292件、食道のESDは107件となっています。これは全国でトップクラスです。

肝臓グループは肝癌に対するRFAが有名で全国から紹介されて患者さんが集まり2014年には422例のRFA症例を扱っています。当医局からもRFA手技の習得のために上記の1人以外に非常勤で勉強に来ているスタッフもいます。

胆膵グループはERCP、FNAを含むEUS関連手技、経皮的な胆道ドレナージ等を日常的に行っています。胆膵グループは基本的に当医局からの派遣スタッフで診療を行っています。2016年4月からは藤田、石井両名で診療をおこなっており、水曜日の午前中には当医局の窪田教授に、木曜には当病院の胆膵グループに在籍していたOBの医師に指導をして頂いています。

当病院はグループ制となっており比較的専門性が高いことが他病院との違いだと思います。また、当医局メインのスタッフ構成ではないことも特徴の一つであり他施設と違う空気を肌で感じることができます。

当病院で鍛錬を積みたいという猛者、希望者はぜひお待ちしております。





NTT東日本関東病院 研修内容の紹介(2015年度)

梅沢翔太郎 (卒後7年目)

 私は卒後3年目(消化器内科1年目)の1年間NTT東日本関東病院消化器内科で研修をしました。消化器内科は分野別に消化管、肝臓、胆膵の3つのグループに分かれています。 私は前半半年間を胆膵グループで、後半半年間を肝臓グループで研修しました。

 前半に研修した胆膵チームでは、主に胆・膵領域の疾患を担当します。悪性疾患や急性膵炎、胆嚢炎・胆管炎などこの分野の疾患を広く経験することができました。また、手技の面では、ERCPの検査日が週3回あります。最初の数ヶ月は助手を中心に行いましたが、後半では卒後3年目で研修に行った私でも、スコープの挿入から検査を行わせていただけました。また、週1回EUSの検査日があり、上級医の先生の指導の下で胆膵領域のEUSを身につけることができました。

 後半に研修した肝臓チームは、RFAの件数では日本で有数の多さというRFAに特化した環境での研修でした。通常の肝細胞がんに対するRFAだけでなく、大腸がんをはじめとした転移性肝腫瘍に対するRFAも行われています。週2回RFAの治療日があり前日には下見の超音波検査を行います。ソナゾイドを用いた造影超音波検査も毎日のように経験する機会がありました。また、肝生検はもちろん、肝胆道系のドレナージや人工胸水や人工腹水を用いたRFAも行わせて頂く機会がありました。肝臓の超音波や、RFAに限らず超音波下の穿刺手技に関連した技術を身につける上では、非常に恵まれた環境だと思います。

 このようなそれぞれのチームの研修以外に、1年を通して内視鏡、特に上部消化管内視鏡検査は非常に多くの症例を経験することができましうた。また、週2コマ程度の救急当番があり、消化器領域のcommon diseaseについての診療も経験することができます。

 夜間の体制は当直が月2回程度+オンコールとなっています。内視鏡やRFAなどの手技の件数が非常に多い恵まれた環境である半面、他の病院と比べると少し忙しい部分もあるかもしれませんが、やる気のある先生方は是非チャレンジ頂ければと思います。

↑ PAGE TOP