「肝胆膵消化器病学」は横浜市立大学附属病院の消化器内科部門です

論文が掲載されました

2022-06-18

1. 芦苅医師

Ashikari K, Chiba H, Nakajima A. Endoscopic submucosal dissection without
intubation for superficial pharyngeal cancer in a post-total laryngectomy
patient. Dig Endosc. 2022 May 19. doi: 10.1111/den.14313. Epub ahead of print.
PMID: 35588229.

芦苅医師のコメント
頭頸部領域に発生する早期咽頭癌・早期喉頭癌の低侵襲治療としてELPSやESDが選択されます。 通常、咽頭ESDでは全身麻酔下、気管挿管し、彎曲型咽喉頭鏡で視野を展開して治療を行います。 今回、下咽頭癌に対し喉頭全摘術、永久気管孔が増設された患者に発生した異時再発咽頭癌に対し、気管挿管をおこなわずに内視鏡室でESDを施行した1例を報告しました。 気道と消化管が分離されており理論的に術中の誤嚥がないため、非挿管下にESDが可能ではないかと考えました。 そして気管挿管をおこなわないのであれば全身麻酔も不要であり、内視鏡室で通常のESDと同様に施行することとしました。 咽頭癌も後壁に存在し視野が良好であったため、彎曲型咽喉頭鏡も使用せず、超低侵襲治療が実現しました。 論文では実際の動画もご覧いただけますので、興味のある方はぜひ読んでみてください。

普段から耳鼻科の先生と密に相談し垣根のない診療を心がけていたので、耳鼻科の先生方にも後押しいただき、今回のケースレポートを完成させることができました。ありがとうございました。 またESDを行うにあたって一緒に検査に立ち会ってくれた内視鏡チームの先生方、論文の相談に乗っていただいた大森赤十字病院の千葉先生、執筆のご指導をいただいた中島教授にこの場を借りて御礼申し上げます。

中島医師

Amin NB, Darekar A, Anstee QM, Wong VW, Tacke F, Vourvahis M, Lee DS,
Charlton M, Alkhouri N, Nakajima A, Yunis C. Efficacy and safety of an orally
administered DGAT2 inhibitor alone or coadministered with a liver-targeted ACC
inhibitor in adults with non-alcoholic steatohepatitis (NASH): rationale and
design of the phase II, dose-ranging, dose-finding, randomised, placebo-
controlled MIRNA (Metabolic Interventions to Resolve NASH with fibrosis) study.
BMJ Open. 2022 Mar 30;12(3):e056159. doi: 10.1136/bmjopen-2021-056159. PMID:
35354614; PMCID: PMC8968568.

中島医師のコメント
ファイザー社が現在グローバルレベルで行っているNASH新薬臨床試験のデザイン論文が発刊されました

今城医師

Tamaki N, Imajo K, Sharpton SR, Jung J, Sutter N, Kawamura N, Yoneda M,
Valasek MA, Behling C, Sirlin CB, Kurosaki M, Izumi N, Nakajima A, Loomba R.
Two-Step Strategy, FIB-4 Followed by Magnetic Resonance Elastography, for
Detecting Advanced Fibrosis in NAFLD. Clin Gastroenterol Hepatol. 2022 Feb
2:S1542-3565(22)00077-5. doi: 10.1016/j.cgh.2022.01.023. Epub ahead of print.
PMID: 35123096.

今城医師のコメント
『非アルコール性脂肪性肝疾患(nonalcoholic fatty liver disease : NAFLD)患者さんの一部は肝臓で線維化が進展し、肝硬変や肝細胞癌を発症することが知られています。ゆえに、このような患者さんに積極的に治療介入を行っていく必要がございます。現在、様々なNAFLD治療薬の治験が行われておりますが、対象となる患者さんはこのような線維化が強い患者さんです。しかしながら、現時点ではNAFLDの線維化を評価する方法は肝生検による病理学的診断に頼らざるを得ない状況です。近年では、MRエラストグラフィを用いることで肝生検を行わない患者さんも増えておりますが、MRエラストグラフィもコストや設備の問題で、NAFLD患者さん全てに行うわけにはいきません。ゆえに、効率よく線維化進展した患者さんを拾い上げる方法の開発が急務となっております。ここで我々は、University of California San Diego(UCSD)との共同研究により、簡便なスコアリングシステムであるFib4-indexを併用することで、治療適応のある線維化進行したNAFLD患者さん(Fibrosis stage>3)を効率的に、かつ非侵襲的に拾い上げられることを消化器病学の一流紙であるClinical Gastroenterology and Hepatology誌(Impact factor=11.4)に報告しております。本報告により、線維化進行例を拾い上げるためのコストが劇的に減らせる可能性があり、期待が高まっております。近い未来、NAFLD診断が大きく変わる可能性がございます。アメリカ屈指の名門、UCSDの一流研究者であり、アメリカで最も有名な肝臓医ともいえるRohit Loomba先生、そして我が国が誇る新進気鋭の若手肝臓内科医である、武蔵野赤十字病院の玉城先生とともに世の中の流れを変えるような研究に携われたことは一医療者として貴重な経験となります。このような素晴らしい国際共同研究の機会を与えていただきました中島淳教授はじめ、横浜市立大学肝胆膵消化器病学、新百合ヶ丘総合病院の諸先生方にこの場を借りて御礼申し上げます。』

米田医師のコメント

Kurokawa S, Yoneda M, Ogawa Y, Honda Y, Kessoku T, Imajo K, Saito S, Nakajima
A, Hotta K. Two differentially methylated region networks in nonalcoholic fatty
liver disease, viral hepatitis, and hepatocellular carcinoma. BMC Gastroenterol.
2022 Jun 2;22(1):278. doi: 10.1186/s12876-022-02360-4. PMID: 35655171.

米田医師のコメント
非アルコール性脂肪性肝疾患(nonalcoholic fatty liver disease : NAFLD)は肥満人口や2型糖尿病罹患率の増加に伴い世界中で患者数が急増し,最多の肝疾患として認知されております。後天的な因子以外にも、先天的な遺伝子多型(SNP:一塩基多型)が報告されています。近年エピジェネティックな因子としてDNAのメチル化も報告されており,当領域第一人者である堀田紀久子先生と共同研究をさせていただいております。この度研究成果をBMC gastroenterology誌で発表させていただくこととなりご報告いたします。ご尽力いただきました横浜市立大学肝胆膵消化器病学の諸先生方にこの場を借りて御礼申し上げます。

米田医師のコメント

Yoneda M, Kobayashi T, Honda Y, Ogawa Y, Kessoku T, Imajo K, Nogami A, Taguri
M, Kirikoshi H, Saito S, Nakajima A. Combination of tofogliflozin and
pioglitazone for NAFLD: Extension to the ToPiND randomized controlled trial.
Hepatol Commun. 2022 May 16. doi: 10.1002/hep4.1993. Epub ahead of print. PMID:
35578445.

米田医師のコメント
非アルコール性脂肪性肝疾患(nonalcoholic fatty liver disease : NAFLD)は肥満人口や2型糖尿病罹患率の増加に伴い世界中で患者数が急増し,最多の肝疾患として認知されております。NAFLDにおいて2型糖尿病の合併は肝硬変や肝細胞癌のもっとも強い因子であり,お互いのもつ臨床的重要性は著しく大きくなっています。このたびSGLT2阻害薬のトホグリフロジンの脂肪肝改善効果をピオグリタゾンと比較し,世界で初めて糖尿病薬の組み合わせによるNAFLD治療効果における影響を検討し,米国肝臓学会の雑誌であるHepatology communications誌に報告いたしました.PPARγアゴニストであるピオグリタゾンとSGLT2阻害薬であるトホグリフロジンを併用することで副作用の軽減効果,心筋保護作用の可能性まで言及することができ,査読者からも「This RCT trial was informative and innovative」というコメントをいただいた時には感激いたしました.本研究は特定臨床研究として行われ、横浜市立大学肝胆膵消化器病学の諸先生方をはじめY-NEXTの皆様、また興和株式会社のサポートをいただきこの場を借りて御礼申し上げます。

小川医師

「FibroScan 630 Expert Workshop Utility for novel dedicated spleen measurement by VCTE」がweb開催され、小川祐二医師が発表しました。

小川祐二医師のコメント
慢性肝疾患は肝線維化を主な原因として門脈圧亢進症をきたすことで側副血行路が発達し、その代表が食道胃静脈瘤です。
静脈瘤出血は致死的となるため、上部消化管内視鏡検査での早期診断および破裂予防治療が重要ですが、内視鏡検査は侵襲を伴います。
脾硬度測定機能を新たに搭載した「フィブロスキャン630エキスパート」 による脾硬度測定が、食道胃静脈瘤の非侵襲的診断に有用であることを報告しました(JGH Open. 2021 Dec 14;6(1):11-19.)。
2022年6月1日より、欧州に続いて日本国内でもフィブロスキャン630エキスパートの販売が開始され、 今回の「FibroScan 630 Expert Workshop Utility for novel dedicated spleen measurement by VCTE」が開催されました。
私は、フィブロスキャン630エキスパートの臨床での有用性や将来性について発表させていただきました。
身に余る役目をいただき、感謝しております。
門脈圧亢進症はまだまだ解明すべきことが多い分野ですので、脾硬度測定を用いた多くの報告が集積されることを期待しております。
本研究でご指導いただきました中島淳教授はじめ、ご助力頂きました横浜市立大学肝胆膵消化器病学の諸先生方、共に研究を行った永井先生にこの場を借りて御礼申し上げます。

↑ PAGE TOP