「肝胆膵消化器病学」は横浜市立大学附属病院の消化器内科部門です

第26回UEG Week(欧州消化器病週間)に参加

2018-10-24

2018年10月20日~24日にオーストリア・ウィーンにて第26回UEG Weekが開催されました。当教室からは、中島淳教授、日暮琢磨医師、芦苅圭一医師が参加しました。

学会期間中、多数の演題発表が行われ、海外の研究者と闊達な議論が交わされていました。

《発表演題》
1. Keiichi Ashikari et al. 「The predictors of severe submucosal fibrosis in patients undergoing colorectal endoscopic submucosal dissection.」
2. Takuma Higurashi et al. 「The chemopreventive effect of combination treatment of aspirin and metformin for colorectal carcinogenesis.」
3. Atsushi Nakajima et al. 「Polyethylene glycol 3350 plus electrolytes for chronic constipation: A randomized double-blind, placebo-controlled medium-term study with an extensional 52 weeks open-label, long-term study.」

UEGW2018

↑ PAGE TOP