「肝胆膵消化器病学」は横浜市立大学附属病院の消化器内科部門です

平塚市民病院(2018年度)

岩崎暁人(医長、H22年卒)

平塚市民病院は、湘南西部医療圏の中核病院です。2016年に新棟が設立され、2017年には救命救急センターがオープンしました。救急車受け入れ台数がとても多く、消化器内科疾患はもちろん、内科救急疾患まで幅広く経験することができます。若手を中心としたメンバー構成で、忙しくも楽しく日々診療しております。皆様の見学をお待ちしております。


平塚市民病院 研修内容の紹介(2017年度)

川村允力(後期研修医2年目)

平塚は東海道線で横浜駅から35分、平塚市民病院は平塚駅からバスで15分の立地です。当院は病床数410床で、平塚・湘南地区の地域中核病院としての役割を担っています。平成28年5月には新棟がオープンとなり、それに伴い平成29年2月には内視鏡センターも一新され、明るくきれいな環境で心機一転、診療を行っております。

消化器内科医は現在9名、うち後期研修医4名(卒後5年目2名、4年目1名、3年目1名)の体制で診療にあたっています。

基本的に主治医制ですが、3年目のうちは、上級医の先生とペアとなり診療にあたるため、わからないことはその都度相談し、フォローを受けながら日々の診療をすすめています。また3年目の4月のうちから、難易度が低ければ、担当症例に関しては、GFでの止血処置も行っております。4年目以降は主治医として診療にあたり、手技に関してはルーチンの検査だけでなく、CF(EMR、大腸ステント挿入など)、ERCP(ERBD、ENBD、ESTなど)、PTGBDなど処置を中心とした手技もfirstで幅広く行っていきます。5年目になればESDも行います。さらに29年度からは超音波内視鏡(EUS)も導入されました。ESD、EUSに関しては、それぞれ専門医師を外部から招き、直接手技の指導、見学が可能であり教育的なバックアップ体制も充実しています。また、当院ではIVRも経験できます。施設によっては、放射線科医のみでTACEなどのIVRを行うところもありますが、当院では放射線科の医師とともに治療に携わるため、IVR専門医から直接指導を受け、実際に手技を経験できます。

夜間・休日の緊急内視鏡に関してですが、基本的に内視鏡oncall医が対応にあたります。そして、処置が必要となればその日の当番にあたっている後期研修医が招集されます。逆にoffの日はしっかり休むことができます。

平塚市民病院の医局は慶応、東海大出身の先生が中心となっていますが、雰囲気はよく不自由を感じたことはありません。消化器内科に関しては、若手は皆、肝胆膵消化器病学の医局員です。

後期研修関連病院では最西に位置する当院ですが、ESD、EUSまで含めた内視鏡手技を一通り経験でき、かつIVRも経験できるという幅広さが当院のメリットであると思います。消化器内科医の駆け出し3年間として、非常に充実した鍛え上げられる研修になるのではないでしょうか。興味を持たれた方、ぜひ見学をお待ちしております。

一週間の予定

 
午前 GF フリー(CF,AUS,ERCP) 救急当番
時間外当番
再診外来 初診外来
午後 CF TACE,EUS 救急当番
時間外当番
CF,EUS フリー(CF,ERCP)
【平成27年度の主な検査/治療件数】

GF:3638件、CF:2219件、EMR/ポリペクトミー:572件、EIS/EVL:22件
ERCP:298件、EST:68件、ENBD/ERBD:142件、ESD:117件
TACE:55件、PTBD/PTGBD:52件





↑ PAGE TOP